ふくの 今日の1枚

お気に入りの写真を紹介しています

アクション・スパイ映画の1人3役って

2021年公開の映画、
キングスマン:ファースト・エージェント』ですが、
トム・ホランダーが1人3役演じてます

従妹同士の設定とかで、
ジョージ5世 (イギリス国王)
ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)
ニコライ2世(ロシア皇帝)

なんか、笑えました

映画は「キングスマン」シリーズの3作目で、
まさかの時代さかのぼり、
キングスマン”誕生の秘話の物語です
131分の割には中身の濃い見ごたえのある映画でした

・・が、「キングスマン:ゴールデン・サークル」の続きが気になっているものとしては、
早く4作目を作ってほしいところです

 

ふくの映画ブログ

 

「ケープ・フィアー」の怪演を思い出す・・

1996年公開の映画『ザ・ファン』のワンシーンです

熱烈で、異常なジャイアンツファン演じるロバート・デ・ニーロは、
ケープ・フィアー』を思い出してしまったほど

大ファンではないので、この映画初めて観ましたが、
本当に多彩な役どころの多い俳優の一人

少し前に「フリーランサー」を観ましたが、
こちらはロバート・デ・ニーロ作品、ワースト2位の作品とか

評価も多彩でございますな ε-(´∀`*) 

ふくの映画ブログ

 

 

私の大好きな俳優陣

今年3月公開の『ナイトメア・アリー』のワンシーンです

ギレルモ監督独特の怪しい雰囲気の映画ですが、ホラーではありませんでした

主演は、ブラッドリー・クーパー
他、トニ・コレットウィレム・デフォールーニー・マーラが役どころで楽しませてくれる中、
ケイト・ブランシェットはいつもと同じ雰囲気のまま
お気に入りの女優さんの一人ですが、
インディ・ジョーンズ」のクリスタル・スカルから変わらない気がします

因みに、私の大好きな俳優陣は、ファンになった順にあげますと、

クリント・イーストウッド
ユル・ブリンナー
マシュー・ブロデリック
ハリソン・フォード
ロバート・ダウニー・jr
メリル・ストリープ
ジョニー・デップ
アル・パチーノ
ユアン・マクレガー

なんか、恥ずかしくなってきました・・・(∩。∩;)ゞ

大ファンになると、全作品観ることになるので(笑)、
大変忙しいです

お気に入りだけだと、かなりたくさんいます
特に好きではないけど映画は大体見る俳優さんもいます

 

ふくの映画ブログ

 

 

似た俳優さんを、探したもんだ

ドラマ版、山田孝之→緒方直人

 

映画版、森山未來大沢たかお

曲もヒットした『世界の中心で、愛をさけぶ』の映画版を、
実は初めてちゃんと見ました
同じころ放送のドラマはしっかり見ていたんですけどね

大人になった主人公が、学生時代を回想していくストーリーなんですが、
当時から、似た俳優さんがいたもんだと感心していました

原作(片山恭一)も読んでいますが、
どれも若干の違いがありそれぞれ楽しめました

 

ふくの映画ブログ

 

難し過ぎないストーリーが、楽しめるかも

 

今年6月公開したばかりの映画、
『ザ・ロストシティ』のワンシーンです

未だに作られる冒険物ですが、
アドベンチャーよりもコメディが強い映画でした

ストーリーも、軍事部隊や警察などの余計な介入がなく、
わかりやすくて(私には、特に)とっても楽しめました

恥も外聞もない(失礼)役どころの著名俳優陣も良かったです

その俳優陣は、
サンドラ・ブロックチャニング・テイタムダニエル・ラドクリフブラッド・ピット

ブラッド・ピットは特別ファンでもないですが、あのシーン以外、ファンは必見です

※ ちなみに、アマプラストアで¥399でした
通いのゲオのコーナーに「3枚まとめて¥1,100コーナー」がどどーーんと出来てまして、
こういう時代なのかと実感していますです

ふくの映画ブログ

一見、キャンパーのようにも見えますが、

2021年公開の映画、
ノマドランド』のワンシーンです

ノマド(放浪の民)と言われる車上生活者のドラマ映画です
高齢者が多く、主演は今年65歳のフランシス・マクドーマンド
この人しかいない、役どころです
この映画でも、3度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞しています

観ていると心配も多々ありますが、
身を置く状況もなんとなくながら納得でした

 

ふくの映画ブログ

知らないうちに、配信されていたのね

今年3月公開の映画、
『ニトラム/NITRAM』のワンシーンです

最近お気に入りの俳優、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが主演、
しかもカンヌ国際映画祭・男優賞を受賞しているのでとっても観たかった映画です

アマプラで配信されていました

ちゃっちゃと観て、レビュー作りましたらいろいろなことがわかりました
オーストラリア・タスマニア島で起きた事件の実話だったんですね
題名の“ニトラム”は本人の蔑称で、
本名マーティンを逆から呼んだものだとか

ケイレブは相変わらず怪しい役どころでございました

映画ブログではまだアップしてません
明日の予定です

ふくの映画ブログ